キッズ・ウェブ・ジャパン

Web Japan > Kids Web Japan > 日本語 > バーチャルカルチャー > けん玉 > けん玉の歴史


バーチャルカルチャー

けん玉


けん玉の歴史

けん玉各部の名称

(NPO法人日本けん玉協会認定の競技用けん玉)

 いまのけん玉は、「けん」と「皿胴」、それに「玉」の組み合わせとなっています。「皿胴」の両側は大皿と小皿となっており、「玉」が約40センチの糸で結ばれています。「皿胴」を突き刺すようなかたちで、一方が尖り(けん先といいます)、他方が中皿となっている「けん」がついています。「玉」にはけん先にすっぽりはまる丸い穴があいています。


 これをうまく操って、玉を大中小の皿に乗せたり、けん先で受け止めたりすることが基本で、そこから数え切れないほどの技が出てくるのです。


画像
画像

当時の資料をもとに再現されたビル・ボケと日月ボール(日本けん玉協会 丸石照機常務理事)

 けん玉は日本で生まれたかのように思われがちですが、実はそうではありません。いろいろな説がありますが、16世紀のフランスで生まれたという記録があります。そのほか、ギリシャや中国という説もあって、はっきりしません。


 フランスでは「ビル・ボケ(Bilboquet)」と呼ばれていました。ビルは玉、ボケは小さい木のことで、木でつくられた小さな玉で遊ぶという意味だったようです。当時のものは、いまのけん玉とは違い、両端に大小の受け皿があって、糸でつながれた玉を交互に受けることを何回も繰り返すというものであったようです。


 日本には江戸時代にシルクロードを通って、当時、ただひとつ外国に開かれていた長崎港から入ってきたとされています。江戸時代中期の1777年―1778年ごろらしいのですが、よく分かっていません。そのころは、お酒の席の遊びとして大人たちが楽しんだといわれています。失敗したらお酒を飲まされたということです。


 明治時代になって、1876年、文部省が出した児童教育解説書に、けん玉が紹介され、次第に子供たちの間で行われるようになりました。大正時代になって、1919年、いまのけん玉のもとになった「日月ボール」というものが発売されました。玉を太陽(日)に見立て、三日月のようなかたちに浅く掘った皿で受けることから、「日月」と名づけたとのことです。これが大ブームとなり、昭和初期にかけて、羽子板に玉をつけたものなど、いろいろなけん玉があらわれたということです。


 戦後、けん玉はメンコ、ビー玉、ベーゴマなどとともに、町の駄菓子屋さんで売られているぐらいだったのですが、1975年、童話作家の藤原一生さんが日本けん玉協会をつくり、統一された規格の競技用けん玉と統一ルールができました。より多くの人たちが同じルールで遊べるようにという目的によります。


画像

2003年8月に開催された「第15回文部科学大臣杯」(日本けん玉協会)

 これによって、けん玉はスポーツ競技としても広がっていきました。小学生大会の文部科学大臣杯のほか、学生や大人の選手権大会も行われ、海外への普及活動もさかんになっています。


 日本けん玉協会では「Kendama」が国際語になる日は近いとして、国際交流に力をいれています。