キッズ・ウェブ・ジャパン

Web Japan > Kids Web Japan > 日本語 > 日本探索 > 暦 07 > 七夕


日本探索


七夕

写真

7月の初旬に、七夕飾りが風にそよいでいます。

七夕、または七夕祭りは7月7日の夜に行われます。このお祭りは、牽牛星(けんぎゅうせい、アルタイル)と織り姫星(おりひめぼし、ベガ)という恋人達が天の川によって隔てられ、1年に1回、7番目の月の7日目だけ会うことを許されるという伝説に由来しています。


子どもも大人も細長い色紙に願いを書き、家の庭や玄関に置かれた竹の枝につるします。竹には紙で作られた飾りもつるします。その後、願いかかなうように一生懸命に祈ります。


七夕祭りは中国で始められたと考えられています。七夕は封建時代に日本に伝えられ、伝統的な日本の風習と組み合わされて、皇室の公式行事になりました。一般の人もこのお祭りをすぐに取り入れ、さまざまな地域で独自の方法で祝われています。


東京では、大部分の人が願いを描いた細長い紙だけで竹の枝を飾ります。児童が非常に大きい竹の枝に願いを書いた紙を下げたり、牽牛星と織り姫星の伝説を演じたりする小学校もあります。


仙台(宮城県)と平塚(神奈川県)は、綺麗に飾られた七夕飾りで特に有名です。これらの2つの都市のショッピングアーケードには、地元の店舗がスポンサーになっている巨大な飾りが並び、その大きさを競っています。


一部の地域では1か月後、つまり8月7日に七夕を祝います。これは、伝統的な太陰暦では7番目の月の7日目がこの日に近いからです。このような地域では、亡くなった親戚が帰ってくると信じられている8月中旬の盆の行事と、七夕のお祝いを一緒に行うことがよくあります。


七夕が近づいてくると、町のあちらこちらで飾りの付いた竹を見ることができます。日本人はこれを見て夏の訪れを感じ、夏休みがもうすぐ始まる思います