キッズ・ウェブ・ジャパン

Web Japan > Kids Web Japan > 日本語 > 子どもクラブ > 和太鼓 > 行事の様子


子どもクラブ

和太鼓


行事の様子

画像

「節分まつり」で一番好評だった演目でした。


 「下館若囃太鼓会」は国内で年間25〜40回ほどの公演活動を行っています。今回は地元、茨城県黒子(くろご)にある千妙寺(せんみょうじ)で行われた「節分のまつり」での演奏会を取材しました。


画像

衣装をきっちり着ます。


画像

初めての大太鼓でも余裕の演奏。

 1年でもっとも寒さの厳しい2月1日、はっぴにねじりはちまき、素足に草履という姿で7人のメンバーが登場。中には風邪をひいて38度の熱を出した男の子もいたのですが、本番が始まれば全員が一心に集中してばちを振るいます。「下館祇園ばやし」「激流」「若三切」などを25分間に渡って次々に披露し、小さな体で大きな太鼓を元気いっぱいにたたく姿に、観客からは大きな拍手が湧いていました。


 この日、初めて大太鼓を人前でたたいた小学5年生の笹智博(ささともひろ)くんは、演奏中も演奏後も普段通りの落ち着いた表情で、「まあまあ大丈夫だったよ」とニッコリ。「公演の機会が多いからでしょうね。なぜか子どもたちは全然緊張はしないんですよ」と笹会長は笑います。


画像

太鼓をたたく姿は小学生と思えないほど。